昨日より今日へ!日々の暮らしの中に小さな手ごたえを感じる毎日を応援します

手抜き水出汁で極上味噌汁、作りましょう 初級・中級編

2019/12/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
jastアラカン! 家にいることが一番好きな、根本的な怠け者です(^_-)-☆ 年齢60歳。 住んでいるところは兵庫県。 仕事はカフェを経営していましたが、半年前に店を閉めまして現在無職で楽しく引きこもり中。 これからしたいこと・・・まだまだ漠然とした希望ですが、人生いつ何が起こるかわかりません!でも、どんな時も(できれば)まずは笑ってみよう! 残りの人生を(も)自由に生きたい。

今日のお題です!

「水出汁」を使い回して、最高に美味しいお味噌汁を作りましょう。

温かい湯気の立つお味噌汁で迎える朝、幸福感満載ですよ。

スポンサーリンク

お味噌汁 初級編

 

具材は「豆腐ネギ」です。

素材がシンプルな分、お出汁の美味しさが引き立つお味噌汁です。

 

私の好みですが、こんな時のお出汁はちょっと濃いめのほうがおいしく感じられます。

 

下準備

豆腐は食べやすいサイズのさいの目に切っておきます。

ネギはできるだけ薄く刻んでおきましょう。

 

  • 鍋に「水出汁」を入れて、沸かします。
  • 湧いたら豆腐を入れてユラユラと温めます。
  • 味噌を溶きいれ、ひと煮立ちさせたところにネギを入れたら出来上がり!

 

ポイントは、豆腐を入れてからグラグラと沸かさないこと!

豆腐に巣が入って触感が変わったり、味が落ちます。

point/ ネギも風味と色合いを楽しむために、お鍋にふたをしていつまでも置かないでくださいね。

 

スポンサーリンク

お味噌汁 中級編

 

具材は「油揚げキノコネギ」です

油揚げを使うとコクが出ますので、お手軽に美味しくなります!

具材に困ったときの油揚げ頼り!

油揚げは大根と合わせても美味しいし、豚汁に入れてもコクが出ますので、私は冷凍庫に常備しています。

そして、キノコも旨味の素ですから、こんな時のお出汁は濃いめでなくても十分美味しいですよ。

 

下準備

あらかじめ油揚げに熱湯をかけて、余分な油を抜いておきます。

キノコは石づきがあったら包丁でそいで取り除き、食べやすい大きさに割いたり、切ったりしておきます。

ネギは細かめに刻んでおきます。

 

  • 鍋に「水出汁」を入れて沸かします。
  • 湧いてきたら油揚げとキノコを入れて煮ます。
  • キノコに火が通ったら味噌を入れてひと煮立ちさせて出来上がりです。

 

point/  油揚げを入れるときは、ひと手間かけて油抜きすると油臭くない美味しい味噌汁になりますが、

※ 面倒だったら、油抜きした状態で冷凍しておいたら便利だと思います!

 

スポンサーリンク

お味噌汁 中級編+α

 

具材は「ジャガイモワカメシイタケネギ」です。

ジャガイモはお出汁が冷たい状態から煮ることで、ジャガイモそのものの旨味が出て、美味しくなります。

鍋蓋をしないで煮ていると水分が減ってしまいますので、途中でさし水をして水分量には気をつけましょう。

シイタケももちろん美味しさの素です。

お出汁の濃さは控えめでも十分美味しいですよ!

 

下準備

ジャガイモの皮をむいて、食べやすい大きさに切ります。

ワカメはあらかじめ水でもどして、刻んでおきます。

シイタケもスライスしておきましょう。

ネギは少し厚めにスライスして、存在感を出しても美味しいです!

 

  • 鍋に「水出汁」とジャガイモ、を入れて煮ます。
  • ジャガイモに火が通ったら、ワカメ、シイタケ、ネギを入れて煮ます。
  • シイタケに火が通ったら味噌を溶き入れ、ひと煮立ちさせて出来上がりです。

 

point/  ジャガイモはお出汁が冷たいうちから入れて煮てください。

土の中のものは水から、地上のもの(葉物など)はお湯から。

これ、基本です!

ネギを1㎝ぐらいの厚切りにしてしっかり目に火を通すと、甘みが出るのでお勧めです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

普段、簡単に作っているお味噌汁ですが、

「水出汁」で手を抜いた分、具材を入れるタイミングにちょっとだけ気を使ってみてください。

ちょっとの気遣いが普段のお味噌汁を格段に美味しくします。

Copyright© マダムMの・毎日が小さな発見日! , 2019 All Rights Reserved.