昨日より今日へ!日々の暮らしの中に小さな手ごたえを感じる毎日を応援します

木下医師をさらなる文春砲が襲う!室井佑月の警告は木下医師の耳に届く?

2019/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
jastアラカン! 家にいることが一番好きな、根本的な怠け者です(^_-)-☆ 年齢60歳。 住んでいるところは兵庫県。 仕事はカフェを経営していましたが、半年前に店を閉めまして現在無職で楽しく引きこもり中。 これからしたいこと・・・まだまだ漠然とした希望ですが、人生いつ何が起こるかわかりません!でも、どんな時も(できれば)まずは笑ってみよう! 残りの人生を(も)自由に生きたい。

 

巷ではますます「木下医師のパワハラ問題」が大きく報道されています。

 

木下医師本人から釈明コメントも弁護士を通して出していますが、木下医師本人としてはあくまで「指導のため」の行動だったと反論しています。

 

ここにきて22日の日曜日に放映された「アッコにおまかせ!」に出演されていた室井佑月さんが、ちょっと気になる発言をされました。

 

そこで、「木下医師をさらなる文春砲が襲う!室井佑月の警告は木下医師の耳に届く?」と題してお届けします。

 

スポンサーリンク

 

木下医師の反論の内容はどんな内容?

 

 

准看護師の「束原康寛さん」への2年間ものパワハラの報道を受けて、木下医師から釈明コメントが出されました。

 

その内容は、簡単にいうと、「暴言や、まして暴行など、事実無根です」ということのようですね。

 

暴言については、自分が出した指示を忘れることが多かったので、怒ったり、ほめたり、なだめたり、怒鳴ったり、注意したり、その日の終わりに確認したり、次回までの課題を出したり、何とか彼にとって有益になる方法を模索して試した結果であって、あくまで束原さんに対する指導であると話しています。

 

そして、暴言だけでなく、暴行についても「事実無根」であって、医療事故につながらないように指導した結果なのだと主張しています。

 

ここでちょっと不思議に思うのは、束原さんは木下医師がしたことを記録に残すためにその時の様子を「録音」しているのですが、そこはどのように反論するのかと不思議に思いました。

 

ですが、木下医師を乗せた車で後部座席からシートを蹴ったり、頭を小突くなどしたという指摘には「そのような記憶はありません。言葉で注意することはありました」と回答しているあたりは、だれが聞いても全く納得がいかないのではないでしょうか?

 

音声の証拠まで残っていてもこう強気で言い切るのは、どんな根拠があってのことなのかと想像しよう、私には全く分かりませんでした。

 

スポンサーリンク

室井佑月が語る「さらなる文春砲」とは?

 

 

22日の「アッコにおまかせ!の中で、木下医師のパワハラ問題について取り上げられました。

 

その時「室井佑月さん」が、ほんの短いコメントでしたが、木下医師に対してちょっと怖い忠告コメントをしていたのが気になりました。

 

気になるそのコメントは、「このまま事実を認めないでいたら、文春がもっとすごい文春砲を出してくるよ・・」というものでした。

 

文春はやるときには徹底してやるし、それだけのものをちゃんと持ってからじゃなければ動かない、そういうところだと話しました。

 

その時「和田アキ子さん」がどうしてそんなことわかるのか?と問いただしたら、室井佑月さんは小さな声で・・・「だって、私あそこのものを書いてるもん」と答えました。

 

室井佑月さんは作家でもありますから、文春の記事を書く機会があるので、内情をよく知った上での発言だったのだと思います。

 

室井さんは木下医師の奥さんのジャガーさんと親しいみたいですので、これ以上騒ぎが大きくなってジャガーさんが傷つくのを避けたいという気持ちだったのではないでしょうか。

 

大事に思う友達をこれ以上苦しめたくないという優しさから、さりげなく木下医師に警告を送ったのかなと想像しています。

 

スポンサーリンク

まだまだ続いている世間の声

 

 

 

 

 

准看護師の束原さんに対する批判的な意見もないわけではないのですが、木下医師に対する批判コメントが圧倒的に多いのは仕方ありあせんよね。

 

パワハラ音声を録音されていても、どうして指導と言い切れるのか不思議としか言いようがないですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

木下医師から反論のコメントが出たことで、パワハラ問題がますます大きくなりそうです。

 

作家の室井佑月さんが「アッコにおまかせ!」でこのまま事実を認めない姿勢を通していくと、さらなる「文春砲」が襲ってくるだろうと話しました。

 

私の想像ではありますが、室井さんは友人である「ジャガー横田さん」を思いやって、これ以上騒ぎが大きくなることを心配し、さりげなく忠告しているんじゃないかと感じました。

 

できるなら、その室井さんの思いが「木下医師」に届いてほしい・・そう思っています。

 

12月26日、状況に進展がみられました。

 

木下医師は「私の発言に間違いありません」と認めたうえで、束原さんに対して「かけた言葉の中には、行き過ぎた表現もありました。一人の人間として反省しております。

弁護士を通じて回答書を送り、話し合いによる解決に向けて努力しています」と現状を報告したうえで、「事実と異なる点が多数あることについては申し添えておきます」と回答しました。

 

一番気になるのは、まだ中学生の息子さんのことです。

 

このような家族がこのような状況に置かれている状況は望ましいものではありませんので、1日も早く和解してほしいと思いました。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

木下医師のパワハラ被害者Aさんについてはこちらで詳しく説明しています⇒木下医師の被害者Aさんは誰?名前と画像紹介・名乗り出た理由も調査 興味があったらどうぞご覧ください。

 

木下医師とジャガー横田さんについてはこちらで詳しく説明しています⇒ジャガー横田の旦那・パワハラ夫との馴れ初めは?離婚はある?  興味があったらどうぞご覧ください。

 

木下医師と息子のモラハラ、そしてジャガーさんのパワハラの原因についてはこちらで詳しく説明しています⇒木下医師は息子とモラハラ?ジャガーまでパワハラはなぜ?原因を調査 興味があったらどうぞご覧ください。

Copyright© マダムMの・毎日が小さな発見日! , 2019 All Rights Reserved.