昨日より今日へ!日々の暮らしの中に小さな手ごたえを感じる毎日を応援します

ベッキーのケジメ!違約金5億円を自腹で払っていた・なぜ今頃報道されるの?

2019/12/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
jastアラカン! 家にいることが一番好きな、根本的な怠け者です(^_-)-☆ 年齢60歳。 住んでいるところは兵庫県。 仕事はカフェを経営していましたが、半年前に店を閉めまして現在無職で楽しく引きこもり中。 これからしたいこと・・・まだまだ漠然とした希望ですが、人生いつ何が起こるかわかりません!でも、どんな時も(できれば)まずは笑ってみよう! 残りの人生を(も)自由に生きたい。

 

ベッキーが「ゲスの極み乙女。の川谷絵音」との不倫によって約4年ほどの間画面から消えていましたが、最近。少しずつカムバックを果たしていますね。

 

そして、結婚、オメデタといううれしいニュースまで入ってくるようになりました。

 

最盛期はテレビのレギュラーが10本、CM契約本数が14本という仕事がすべて消え、それによって5億円もの違約金が発生したのですが、今ここにきてその5億円すべてベッキー一人で払っていたという話題が出てきています。

 

それほどの大金をベッキー一人で払ったいきさつや、どうしてそのことが今話題になっているのかが気になったので、調べてみました。

 

スポンサーリンク

ベッキーが違約金5億円を払ったという報道の詳細は?

 

ベッキーが5億円の違約金、全額を一人で払ったという報道は、11月29日号『FRIDAY』によるものでした。

 

違約金のことについて書かれた部分を抜き取って掲載しましたので、見てみてください。

 

ベッキーが結婚→妊娠を前に、自分なりのケジメをつけていたことは、あまり知られていない。

「『ゲスの極み乙女。』川谷絵音(えのん)との不倫騒動によって5億円超の違約金が発生。

そのほとんどがCMに関するものだったといいます。

違約金はタレントと事務所が折半するのが一般的ですが、なんとベッキーは『全額自分で払います』とデビュー以来、コツコツと貯めてきた財産を差し出したそうです。

ベッキーは贅沢(ぜいたく)をしないコで、大きな買い物といえば国産車を1台、買ったくらい。

最盛期はテレビのレギュラーが10本、CM契約本数が14本あったから、年収は2億円近くあったでしょうけど、よほどの覚悟がないとできないですよね」
(民放プロデューサー)

本誌はベッキーの所属事務所に違約金の支払いについて事実関係を質(ただ)したが、「一切、お答えしないことにしております」と否定はしなかった。

苦難を乗り越え、ケジメをつけたベッキー。きっと強い母となることだろう。

『FRIDAY』2019年11月29日号より

 

ベッキーの年収の多い時は2億円ほどだったそうですから、贅沢をせずにコツコツと貯めてたとしたら、もしかしたら「5億円」は全財産というものではなかったのかもしれません。

 

ですが、いくらお仕事が大好き!と言って楽しんで全力投球してきたお仕事で得た収入だったとしても、そのほとんどのお金(多分ですが)を自分自身の過ちのために支払うというのは、厳しい決断だったと思います。

 

一般に事務所と折半するのが常だとしたら、なおさらのこと、頭を下げて半分持ってもらうのが普通だと思います。

 

そこをあえて、「私が全部払います」といったベッキーの心中は、軽率な行動によって世間や事務所に迷惑をかけたことに対する、自分ができる最大限のお詫びをしようとしたのではなかと思いました。

 

スポンサーリンク

ベッキーが違約金5万円を払った報道・どうして今なの?

 

ベッキーが5万円の違約金を自腹で払ったというのは、すごいことだと思います。

 

ただ、違約金を払ったのはたった今のことではなかったようですので、なぜ今なのか?と、今ここにきてその報道が出てくることに違和感を持つのは私だけでしょうか?

 

そこで、「ベッキーと川谷絵音」の不倫騒動の最中とその後の状態から、その答えを想像してみましたので聞いてください。

 

 

今思い出しても、あの時は、連日テレビではベッキーと川谷絵音の不倫話題で持ちきりでしたし、本来、不倫は両成敗であるはずなのに、世間もマスコミも一方的にベッキーを責めていた空気だったと思います。

 

もしその時、この違約金のことをが報道されていたら、どうなっていたのでしょう。

 

想像ではありますが、きっと「売名行為」だとか「責任逃のがれ」だと言われたのではないでしょうか?

 

もし実際に違約金の報道がその時に出ていたら、私だったら「お金で済むことじゃないんじゃない?」とか「払ったということをアピールしてケジメがついたとでも思うのかな」と、否定的な印象を持ったと思います。

 

そう考えるのが私だけじゃないとしたら、マイナスの要素になりかねないという判断で報道を控えたのではないかと思いました。

 

そう考えると、「時期を選んだ」というのが政界のような気がしますが、いかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

ベッキーが違約金5万円を自腹で払ったことに対する世間の声は?

 

今回に「違約金支払い」のことに関して、世間の声を見ていきましょう。

 

 

どの声も、ベッキーに対して応援するものが多いですね!

 

そして、やはり相手の男性に対する批判的な発言が出てくるのは仕方のないことだと思います。

 

でも、今は素敵な片岡さんという素敵な旦那さんに恵まれ、2020年の1月には赤ちゃんまで生まれます!

 

今までの経過は大変なことの連続だったと思いますが、最終的に大きな幸せをつかむことができたベッキーさんはすごい!!と思いました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ベッキーが「不倫騒動での違約金5億円」自腹で全額払ったという報道についてと、どうして今になって出てきたことなのかを考えて書いてみました。

 

全額自腹で払ったのは、ベッキーの人柄から来る「ケジメ」だったのだと思います。

 

調子よく立ち回れない、一直線の真面目な女の子が、不倫という腐った実しかつけない恋愛に振り回されて払った代償が「5億円」だった、ということでしょうか。

 

そして、その報道が「今」だったわけは、世間の心証を考えた結果だったのではないかと思いました。

 

しっかり「ケジメ」を自身の力でつけて、次の幸せの階段を上っているベッキーさん!

 

どうぞ、もっと幸せになって、そしていいお仕事をして私たちを楽しませてくださいね!

 

Copyright© マダムMの・毎日が小さな発見日! , 2019 All Rights Reserved.